はじめての横断幕のまとめ

横断幕は屋内用にはスウェード・トロマット・バックサテン、屋外用ならばターポリン・メッシュターポリンが人気です。

懸垂幕や横断幕の生地のあれこれ

防炎加工済みの横断幕や懸垂幕は火災のリスクを軽減してくれます。

火の気がある場所での利用にオススメです。

今回は【懸垂幕や横断幕の生地のあれこれ】についてお話します。

屋内用にはスウェード・トロマット・バックサテンがあり、屋外用ならばターポリン・メッシュターポリンが人気です。

▼スウェード

重厚感や高級感は抜群の生地です。

光沢のある表面で裏地はマットになっています。

強い強度を確保するために繊維を高密度に編み込んでいます。

高級感を感じさせてくれる布製。

しっかりとした艶のある仕上がりが魅力です。

▼トロマット

スタンダードな生地がトロマットです。

布製の定番で強度も厚みもしっかりしています。

持ち運びに最適で折りたたんでもシワが付きにくいしなやかさが特徴。

▼バックサテン

全面メタリックな仕上がりが綺麗です。

光沢感もありインパクトがある公団幕や懸垂幕が欲しい方にオススメです。

▼ターポリン

とっても丈夫な塩ビ素材生地。

ポリエステルの糸を網目に織り込んでいます。

屋外の常設に向いており水分を弾き色褪せもしにくいです。

防炎加工済みのものもあります。

▼メッシュターポリン

こちらの生地は風が強い場に設置するときにオススメ。

風の抵抗を最小限にするメッシュ仕様。

ターポリンよりも軽いです。

これら生地の特徴を掴んで間違えないようにオーダーしましょう。

ただし、生地によって価格は変わってきますので、事前に無料見積もりをし、どの程度の値段の差があるか確認しておきましょう。

▽気軽に出来る値段チェック!…横断幕制作の激安専門店 【MAKUSHOP】でかんたん見積もり

適材適所の素材を選ぶと懸垂幕や横断幕の持ちも良くなりますよ。